映画『パンク侍、斬られて候』公式サイト 6.30全国ロードショー<

イントロダクション

これまでに様々な役柄を渾身の力で表現してきた“ミスター・キャラクター・アーティスト”、綾野剛の主演最新作にして、北川景子、東出昌大、染谷将太、そして村上淳、若葉竜也、近藤公園、渋川清彦、さらに浅野忠信に永瀬正敏、さらにさらに、國村隼、豊川悦司と、超豪華キャストが集結して爆発的な世界観を作り上げる『パンク侍、斬られて候』。まさに日本を代表する一級の俳優陣が全開で掛け合い、ぶつかり合うことで生まれる圧倒的なエネルギー。冒頭から疾風怒濤にして予測不可能。とある者が正体を表すことによって世界が一変する流転のごとき展開は、ほぼ全編がネタバレ御免!
2018年夏映画の先陣を切る、かつて誰も見たことのない超娯楽映画が誕生した。

原作は芥川賞作家、町田康が2004年に発表した傑作小説「パンク侍、斬られて候」。驚きに満ちたストーリー、ど肝を抜く大団円、そして社会の写し鏡のような世界観は、発表から十数年経った今でも色あせないどころか、混沌深まる現代そのものが小説に近づいて来てしまった、と言っても過言ではない。多くの熱狂的なファンを持つこの破天荒な原作を見事なまでに脚色するのは、『GO』(01)で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞し、ドラマ「あまちゃん」(13)で社会現象を巻き起こした稀代のストーリーテラー、宮藤官九郎。監督は『狂い咲きサンダーロード』(80)や『爆裂都市 BURST CITY』(82)でジャパニーズ・ニュー・ウェーブの急先鋒となり、『逆噴射家族』(84)でサルソ映画祭グランプリ、『エンジェル・ダスト』(94)でバーミンガム映画祭グランプリ、『ユメノ銀河』(97)でオスロ映画祭グランプリを受賞した不世出の鬼才、石井岳龍。町田康が「石井監督だからこそというより、石井監督じゃなきゃ映画化をOKしていなかった」と語る通り、原作:町田康×脚本:宮藤官九郎×監督:石井岳龍による宇宙的トライアングルが、日本映画界に新次元の風穴をぶち開ける。更に特撮監督には『シン・ゴジラ』(16)の尾上克郎、美術に『クローズZERO』(07)シリーズ、『十三人の刺客』(10)の林田裕至、キャラクター・デザイン/衣裳デザインには『信長協奏曲』(16)や『銀魂』(17)の澤田石和寛と、日本映画を牽引するトップランナーが揃った。

ある日、とある街道に一人の浪人があらわれ、巡礼の物乞いを突如斬りつける。自らを“超人的剣客”と表すその浪人の名は掛十之進(綾野剛)。掛は、「この者たちは、いずれこの土地に恐るべき災いをもたらす」と語るが・・・。
その後のお話は、どうぞ劇場でご刮目を!